FC2カウンター


プロフィール

~Ocean Piko~

pico06

Author:pico06
今年の運勢は、「安定と躍進」
さらにテクニックを磨こう!
意匠系 Archmam


ブログ検索


CalendArchive


最近のコメント


カテゴリー


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音ってややこしいですね。

音圧レベル
音エネルギー
音響パワーレベル

※見てね ってエントリーしてなかった ッスね。

【カザルスホール-2】音楽ホールデータ 
【ビクター/音の単位デシベル】親しみやすい解説です。
【建築音響測定】
建築に関わる音響・遮音・騒音 など わかりやすいです。
【音の和・差 減衰計算】
式の詳細 う~~ん ちょっと後で理解することにしようか

間違えてる?? 
解説をよく読みこんでみます。
【GS/WEB講義】復習します。


=============================
・物理的な量として扱うものに音圧、音響出力、音の強さがある

・音圧は圧力の変動、音響出力はエネルギー、音の強さは単位面積当たりの音響出力

・人間の感覚的な量を扱うものに音の大きさがある

・音の強さを規定することにより、音を扱いやすくしたものがレベルである
 ↑音の測定方法もJIS規格とかいろいろあるのね。音響パワーレベル 

・ある音の強さが、ある基準の音の強さから何倍になったのかの対数をとって10倍を示したもの

・同じデシベル値をもつ2つの音を合成した場合、1つの場合よりも3db大きくなる

・音は遠ざかるほど弱くなる。これを音の減衰あるいは距離減衰という。『点音源からの音の強さは、距離の2乗に反比例して減衰する』

・点音源の場合、音源からの距離が2倍になれば、6dbずつ減衰する。
 ↑線音源はまた別

=============================

え~~っと1巡めがあと少しなので
来週から2巡目じっくりに入りたいので
来週への宿題!!

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ


タグ : 学科-計画

コメント

v-22akkoさん、ども!

“咀嚼の時期”ですね。じっくりコトコト煮込んで下さい。
熟したころに力試し!!

>picoさんのように、自分なりにまとめてみることも必要ですね。
 
まとめきれていませんが、= 一級建築士のリンク集 様引用 =追記
私の場合、大海から結晶を拾うような作業をしてます。
ある意味、1箇所に深入りしすぎないことも重要かと 思います。
専門の方と打ち合わせるのに必要な知識程度のもので良いかと・・・

過去ログ見ていると「試験でそこまで出ないでしょう」
という質問も多々見受けられます。

あ、でも 公式は覚える~~~。

picoさん こんばんは。

>音ってややこしいですね。

同感!

音響ってすごくニガテです。
解説読んで理解したつもりでも、
次の瞬間には「???」って感じで忘れてしまいます。

でも、ニガテで済ませてちゃいけないですよね。
picoさんのように、自分なりにまとめてみることも必要ですね。

一度がっつりと取り組んでみます☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2007/09/30 13:18 | 単位がないと不便 | dB) とは、ある基準電力すなわち単位時間当たりの仕事量に対する比の常用対数の値を10倍した単位である。本来は「ベル (単位)|ベル」(bel) の10分の1でデシベルであるが、ベルがそのまま用いられることは少なく、通常はデシベルが用いられる。音の強さ(音圧レベ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。