FC2カウンター


プロフィール

~Ocean Piko~

pico06

Author:pico06
今年の運勢は、「安定と躍進」
さらにテクニックを磨こう!
意匠系 Archmam


ブログ検索


CalendArchive


最近のコメント


カテゴリー


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日製図試験がありました。
感触としては・・・ 泥試合とは これいかに
平成20年は、ずいぶん凝ったお題でした。
要求は理解できましたが まとまらない。
とにかく まとまらない
それほど 多くの諸室があるわけではないのに ですよ。

会場は大荒れでした。
電卓をたたく音が鳴り止まず、
定規ぶっとばし音が最後まで鳴り響き
ラスト 5分「ハッチ トントン」は 最後に2人くらいしかやっていませんでした。
この様子では かなりの人が “みかん”だったのでは?
あ、ここは学科組でした。

出題者側からすれば
「え?こんなのも判らないの?」
かもしれませんが受験生のレベルを買いかぶっているのかもしれません。
いや、たしかに 私がつくったとしてもこれくらい盛り込みたくはなります。
が、欲張りすぎです。

数年前から 「出るぞ~出るぞ~」と言われ続けたものがついに 出てしまいました。
【ペデストリアンデッキ接続】と【エスカレーター】

&おまけに 【EV5基?!】&【プール大空間】

う~~ん
まとまらなかった。
完全に酸欠です。
コアが打ちきれません 

“なんじゃこりゃプラン”になってしまいました。
回収されていくプランを見届け “あ、間違い発見”
(もっと早く見つけろ~~~~~!!)
奪い返したかった!!!

終了後 腰が抜けました。
やっちゃった・・・・・。
前列の私以上に エスキスが遅かった彼女の連れが
ぽそっと 
「あたし み・か・ん になっちゃった・・・・・・・」

こんな人もいたのか・・・・・・・・・・・うっ、悔やんでも悔やみきれません
涙・・・・・・・・・・。

コペちゃんごめん。
今年は「通る」と硬く決めていたはずなのに。
今年以降もう、勉強する時間なんてもらえません。
それが 約束ですから。

描いている最中は 例え描きあがっても 「雑」で落とされるな
なんて 考えちゃいました。
でも、みかんよりマシかなって・・・・。
今年描きあがった人は 合格にしてもらえませんか? お願い!!!

=============================

2年前にも国語力でエスカレーター案を作成しましたが、
「エスカレーターは出ませんから!!」との添削。

ペデストリアンも 課題発表直後から噂されておりました。
試験1週間前に唯一 会社の子に聞いた話「ペデ課題やった?」
「基準階の廊下巾と2方向は気をつけろ」と。
それは、大丈夫。

初回勉強会にペデを案内しました。
最後の見学会にもペデを案内しました。階高さ7800でした。
両方、弊社で駅前再開発とつないでやっていたので、実施図面はございます。


いくら、課題で酷似した課題をやっていようとも、
いくら 現実の参考物件で学習しようとも
いくら直前課題が管理動線をつなげるプログラムが同じだったとしても、
いくら前日に 基準階に6x8mスパン必須だと読んでいたとしても、
当日、力を発揮できない人なのだと 痛いほど自覚しました。
今からできることといえば、【勝負脳】を鍛えることですかね。

近年 16年 13年 並みに 難しかったネと
試験直後に 会った戦友には伝えました。
あんなに優秀だった自主勉の仲間も
<「何描いたか 覚えてない」
ほどの手詰まりを繰り返しながら 
エスキスしながらの 手直し手直し
再現図 描けないかも・・・
あ~ 覚えてない~~>
って そんな~
初歩的ミスをおかした 私はともかく
みんなには 受かってもらいたい。

Nの総評がもう 出ていました。

『今年度の設計製図本試験課題は、指定要求が多く近年の課題の中では、最も難易度としても高かったと考えられます。その要因として、「ホテル客室からなる基準階のグリッド計画・配置計画」「ぺデストリアンデッキとの接続計画(Exp.J)」「エスカレーターの配置計画」「エレベーター全5基の計画(縦方向の計画)」といった細部にわたる指定や、始めての出題に対する対処に時間がかかり、エスキスに時間がかかった受験者も多く、エスキスが完成していない段階で、図面作成へ移行した受験者も多かったと考えます。そのため、細部の詰めが甘く、重大な不適合に該当する受験者も見受けられる状況でした。 ・・・』
『図面完成率は、約95%(当学院調べ)と例年に比べ、高くなっていることがわかっています。ただし、そのことにより、採点において、失格要件該当者が少なくなり、合否を決定する要因として、課題の読み取りが正確でなかったことやその他の細かな減点の積み重ねによる度合が高まることが想定されます。』

ええ~~ そんなに 図面かきあがったんですか~??

 
  



 
 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。