FC2カウンター


プロフィール

~Ocean Piko~

pico06

Author:pico06
今年の運勢は、「安定と躍進」
さらにテクニックを磨こう!
意匠系 Archmam


ブログ検索


CalendArchive


最近のコメント


カテゴリー


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試験から1週間・・・ 参考解答例なるものが数枚集まりました。

再現図は未だ描いておりません。


疲れた~
思いの他、身体の負担が大きかった。
試験翌日はファミリーエステでは事足りず、家の下にあるエステで本格的にマッサージをしてもらいました。

娘が習得してきたスポーツマッサージも残念ながら今回はあまり効かず、
旦那の“どこも 凝ってないじゃん?!”発言に頭に来た。
ぜんぜんツボがわからない人も珍しい。

プロのマッサージは格段に 違う。
“かなり 張っておられますね~”
ひと撫で ふた撫で 痛みがス~っとなくなる。
鳥肌が立った。
おお ゴッドハンド!! プロだ~。

もう来年は無しにしてもらいたい。
事前情報が炸裂した1週間。 「31m超え」 「非常EVあり」 など踊らされましたが、
高台にある教室の屋上庭園のベンチに腰掛け、
当日の朝、道で配布されていた○学院の「直前問題」をペラペラ。
直前講習会で説明されたものと同じようです。

「あ~ これは出ないな」
と確信し、不思議と肩の力が抜け、妙に落ち着いたのです。

============

当日朝 開場15分前に到着。
会場は某中○工学校
机のセンター取りを狙ってなるべく早めに到着するようにした。
普段 なるべく本試験に近い状態で解きたいという思いから?!
自主勉でのトライアルは負荷を与える為に 30分程度短縮の背負ってきました。

シースルーEVで上昇
30人程度の狭い教室だが、環境は最高。
机は長机1台。奥行45cm もちろん 前列の方の背中などつつきません。
10:10頃には8割の方が着席。
黒板がガラスです。
カッコいいです。
後列からの反射は・・・ 文字だけがはっきり見えました。

ガラスに落書きするってスタイルは“思考”するのにものすごく作用を及ぼすようです。
意味がストレートに伝わって来るカンジです。
と 脱線してしまいましたが、席は一番後ろ。
なんとなくおちつくポジジョンです。


高台からまちを見下ろす なかなかの眺望。
WCタイムもストレッチタイムも 直前腹ごしらえもJUST。
以前プロジェクトで一緒だった後輩くんが偶然同じ教室。
お互い ちょっとハズい。
今年こそ 「がんばりましょう」と短い挨拶を交わし着席。
運がよければ 二人共同じ頁に名前が連なるはず。

===============
今年の試験管は少人数制のおかげか、昨年の試験管よりたいへん落ち着いており、
配布も回収もしごく スムーズで滞りなく行われました。
ちょっと時間を過ぎたが開始されず、時計を見る人数人。

11:00
チャイムが鳴り 試験開始。

【変形敷地】
敷地が ○学校の課題に似ていた。
残念ながら 見かけただけで解く時間もなかったし、解答すら見ていなかった。
残念~。
全力を尽くすしかない。

===============
今年の課題攻略法。
1.何階の図面に 「それぞれの図面」に何を「プロットするのか?」リストを作成することにしていた。

2.レンタブル比 基準階比と全体比 合わせ技で ?ざっくり、?調整、?最終確認 の3回+ ?最後のコマ計算と算定式での数値を間違いないかのトリプルチェック。
 とにかく面積がいつもより時間がかかる事を想定。

3.エスキス用紙は意識が飛ばないように竪使い。
横長だと どうしても メモした内容と順次解き進める間に意識が薄れていくので、
常に最終形1/400図が見える 1/4のスペース全てを記入。

4.モヤっとコーナー
課題のポイントはほぼ必ず ボヤかしてある。
今年の課題は特に緻密に組み立てられたものであった。
例年を大きく変わったところ。
旧)記載されていない事は描く必要がない
新)表現されて当然のものは、あえて課題文に指示がない。
??? と思った箇所は くもくも コーナーの書き出し のちに 解決のヒントが後述されていれば解決。
そこが課題のポイントであれば よ~く考える。

===============
今年の問題を見ての印象。
・所室数が少ない=要求図面の中で要求されている物が多い。
 
・紙面構成を変えてきたので、プロットすべきものを モレのないよう順次メモ。 
1F:OP、キッサレイアウト、MP、KP、HP、DA、B1範囲、ごみ (設備)、EW、DEPS 等
2F:ヤネ、オフィスレイアウト 、照明、EW、避難距離 など


 「図面になくても記述で現せ」と指示が書いてある以上
図面要求のなくても 所室の条件にあるもの、一般的に考えられるものもとにかくは描くよう決めた。
開始1時間 アウトラインを決め、
早目にエスキスを切り上げ、書き込みの時間を充分取るスケジュールを想定した。

・変形敷地であり、斜線制限のラインが記入されている。
 →1/400でスパン割りをあたる。
 

13:10
理想ストーリを組み立て記述で表記。
要点記述に併せて 1/400をブラッシュUP。
考えられるできる限りのものを記述に書いた。ほぼ一通りのものを記入。
耐震壁位置、オープンスペースの面積確定。

13:50
全体バランスを見る。
基準階レンタブルが85%近い。
まだ時間はある。
搬入路や荷解きの位置、ボリュームを再度調整、
基準階を少し削り 1階をもう少し太らせる。
外構面積に余裕を持たせ メールコーナー等の動線を再チェック。
B1のMP範囲 ん~~機械式って???パズル式?何
も指定がないので多目にしとく。
面積を算定式で再計算。
課題文を再読む。
合致しているか?

ほぼよし。
ここでいつもなら 1/400をこねくり回し エスキス時間を浪費→チェック時間がなくなる。
細部は1/200でつめよう!

14:10 本格的に作図開始。
周りもほぼ同じペース




=続く=

タグ : 製図試験

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。